マンジュウイシモチ

[Photo Image]
撮影者コメント
ああ絶妙なるこのデザイン!私の大のお気に入りです。
その外見・デザインの見事さ、近寄るとみんなで肩を寄せあって警戒する仕草のかわいらしさ、もう非の打ち所がないではありませんか!
ガレ場の1〜2mのごく浅めのサンゴの枝の中や回りに集団でいることが多いようです。シュノーケリングでも見れます(むしろ警戒しないのでスクーバよりいいかも)。
性格はシャイで、近づくと鰭を「ピンピン!」と震わせて、警戒心をあらわします(仲間同士で連絡しているのでしょうか?)。
体長1cmぐらいの小さい子ですとまだ水玉模様もはっきりしていません。成魚はさらにもう一回り大きいのですが、だんだんドテっとした感じになってしまい(まるで中年太り)、もはやかわいくありません(人間と同じ?)。
また水族館なれますが、色の鮮やかさがまるで違います。

[Photo : 小野 修司]


Back to the list
検索システムへ戻る

Copyright ; 1996 Shuji ONO (POO), All Rights Reserved.