Kodak STEREO

レンズ以外の部品の配置までも、左右対称にこだわっているデザイン。
背が低く横長なのが印象的。写真ではわかりにくいが、中央の水準器の蛍光グリーンが美しい。
ファインダー倍率が0.25倍とたいへん低いのが特徴。覗いてみると、全体構図を決めるのが案外やりやすくてGood。 フイルムは左から右へ搬送される。上下の位置決めに板ばねを使うという凝った設計。フイルム巻き上げでシャッターがチャージされるほか、下部のレバーで手動によるチャージも可能(多重露出用?)。巻き上げノブは大径で扱いやすい。巻き戻しノブのクランクハンドルもありがたい機構だ。


参考:
戻る
Copyright ; 2001 Shuji ONO, All Rights Reserved.