家の購入とリフォーム

社宅に住める年齢制限が45歳の誕生日まで。
ついに観念して、家を手に入れることにしました。


「庭:芝生化計画7」へ戻る

      庭:芝生化計画8「芝の生長とメンテ2006」   

「庭:芝生化計画9」へ進む

2006年になりました。なんか、今年はメチャ寒くないっすか?
それとも、引っ越してきたこの地がやけに寒いのでしょうか??
ガレージに置いてある寒暖計は、連日氷点下5度を下回っております。(2006/01/24)
最も近い市街地の気象庁発表気温よりも「3度」低いということがだんだんわかってきました。

人間は寒さに慣れるし、暖房もすればいいわけですが、芝は寒空の下、寒気にさらされています。
あまり寒いと、冬眠中に枯死してしまうとか。
果たして無事に春の芽吹きをしてくれるのか・・・!?

雪も何度も降って、うっすらですが積もりました。(2006/01/21-22)

2006/02/25。
三寒四温を繰り返すたび、春が近づいてきます。
この日の朝は、暖房が要らないほどの暖かな日差しでした。
ひさしぶりに芝生の手入れをすることにします。
穴開けというのをはじめてやってみました。ローンスパイクという道具を使います。造りの頑丈そうな2穴のものを手に入れました。
筒の先が刃になっていて、体重をかけて踏み抜くと、芝の根が切れると同時に、押し出されて土がぽろぽろと抜け出てくる仕掛けになっています。
ですが、何かの拍子に詰まってしまうと、その都度洗ってあげないと抜けが悪くなるので、けっこう大変でした。
この土のカス、みごとなまでに「ウ○チ」に似ています。
「ウ○チ」を回収すると、こういう穴が残ります。けっこうな手間がかかる仕事でした。手にマメできるし。
バーミキュライトと目土を全体にうっすらと入れて、有機系の肥料を撒きました。
中央付近がやや凹になっていたので、そこは少し厚めに土を入れて平らにしようとしますが、なかなかうまくいきません。
写真の黒い粒が肥料です。
↓2006/02/25。
レーキで軽く馴らして、最後に水まきをして終わり。


「庭:芝生化計画7」へ戻る

「庭:芝生化計画9」へ進む


芝生化計画のトップへ戻る
家の購入とリフォームのトップへ戻る
うちの歳事記に帰る
Topページに帰る

Copyright © 2005 Shuji ONO (POO), All Rights Reserved.
このページを作った人: shuono@pair.com / 小野 修司