家の購入とリフォーム

社宅に住める年齢制限が45歳の誕生日まで。
ついに観念して、家を手に入れることにしました。


「庭:芝生化計画6」へ戻る

      庭:芝生化計画7「芝の生長とメンテ」   

「庭:芝生化計画8」へ進む

↓2005/07/04。
梅雨の後半になって、まとまった雨が降り出しました。北陸や西日本では被害も出ているとか。
この庭は水はけは悪くない感じですが、さすがにドバドバ降られると水たまりができます。


↓2005/07/07。
七夕ですが、天気はぱっとしません。
一昨日、かあちゃんががんばって、右半分エリアの草取りを敢行してくれました。
雑草がなくなってみると、うっすらと芝が芽を出しているのがよくわかります。


↓2005/07/09。
あいかわらず天気はぱっとしません。
第2回目の芝刈りをしました。刈り高は30mmにしてみました。


↓2005/07/16。
雨の狭間の晴天の暑さが夏の強さを感じさせるようになってきました。
西の方では梅雨明けしたようです。関東地方の梅雨明けもあと数日でしょう。
人間にはきびしい暑さも、暖地型の芝にとっては最高の生育環境になっているんだろうな。
もっとがんがん照ってくれー!って感じです。
<


↓2005/07/17。
昨日、上の写真を撮影した後、左エリアの芝刈り(第3回、高さ30mm)を行いました。
かなり密度が上がってきていて、芝生らしくなってきています。
メンテナンスとして、手前の水たまりができやすい箇所に 目土を少し(14l 一袋)だけ入れました。
この手前エリアは、午後になると家の建物の陰になるので、道路側に比べ日照時間は少ないこと、
さらに上記の水たまりができやすいという不利な条件が重なっています。
どっちがどの程度効いているのかはわかりませんが、芝の生育状況が悪いのは写真を見てもわかりますね。
芝が埋もれてしまわない程度に目土を入れて、高低差(凸凹)の補正をすることで、水たまり問題を解消しようと思います。
<


←2005/07/18。
いよいよ梅雨明けも秒読み。
年中で一番の成長期ということで、肥料を与えます。
ホームセンターで目に付いたメネデールの製品、これだけあれば何年も持つんじゃないだろうか。
キャップ4杯(40cc)を1000倍希釈して40リットル。朝の涼しいうちに撒きました。

↓2005/07/23。
梅雨が明けました。 右エリアもモサモサとしてきたので、全エリアの芝刈り(高さ30mm)を行いました。
ちょっと全体に茶色い葉がある印象があります。もしや肥料が良くなかったか?
ちょっと心配。 芝刈り後、サッチングを施す。夕方涼しくなってからたっぷりと水やり。(そしたら翌朝は雨でした。はにゃにゃ。)
午後、東京方面ではけっこう大きな地震があったようです。ウチでも横揺れを感じました。
<


↓2005/07/30。
梅雨明けして一週間が過ぎました。
この間、台風がやってきて、この時期としては珍しく関東東部に上陸したりしました。
明けて台風一過の晴天は、いかにも夏到来という気持ちのよい青さでした。
とはいえここは日本、湿度が高く霞んだような日も多く、今日も湿度100%近いです。
先週同様、全エリアの芝刈り(高さ30mm)とサッチングを行いました。
<


↓2005/08/08。
一週間ほど帰省で留守にしていました。
連日の暑さで、まとまった雨も降らなかったようですが、芝はたいへん元気に生長していました。
ガレージのコンクリに匍匐茎が20cmほども侵入していました。すばらしい成長力です。
先に種をまいた左エリアは、厚みが増してきて踏みごたえがいい感じになってきました。
朝のうちに全エリアの芝刈り(高さ30mm)を行いました。
サッチングは、着きかけた根を剥がしてしまうようなので、もう少ししっかり根が張るまで止めることにしました。
午前中は庭一面に陽が当たるのがこの写真からもよくわかるでしょう。
大雨のときに水たまりになる場所の生育が悪いので、そのあたりを中心に凹んでいる感じするところに目土を入れました。14l 二袋。
<


←2005/08/12。
前回の最初の施肥から約一ヶ月。2度目の施肥です。同じく液肥を薄めに与えます。
空は雨模様。このほうがかえって肥料のインパクトが弱まるし、また土の深くまで浸透するのではなかろうか?という素人考えから、あえて雨の日に施肥してみました。
キャップ5杯(50cc)を800倍希釈して40リットル。
庭の東南端では まなつ のひまわりが大きく咲いて頭を垂れ始めています。
道側に向いて咲いているので、家側からは花の顔が見えません・・・。

↓2005/08/13。
さすがに立秋を過ぎると、少し気温が低い日もでてきます。今日がまさにそれ。
朝は雨が残っていたのだけれど、昼過ぎには乾いてきて、気温もそれほど上がってないので、全エリアの芝刈り(高さ30mm)を行いました。
<


←刈り高 20mm,30mmの違い
ふと「もう少し短く刈り込んだらもっと良い感じになるかも?」という誘惑に駆られました。
小心者なので、隅っこの方で高さ20mmで一撫で。
うああ。茎まで切れてしもうた。これが軸刈りってヤツ?
写真の左が20mm、右が30mmです。
↓2005/08/20。
刈り高20mmはあきらめて、いつも通り30mmにしました。
今日はマメに縦横2方向で刈りました。
天気予報が大気が不安定というわりには、ウチの地域では雨が少ないので、たっぷり潅水をしてメンテ完了。
<


2005/08/27。
いつも通り、刈り高30mm。 周辺のボサボサもバリカンで刈りました。
刈れた芝が目立つのでサッチングをしました。
刈れたものも集まりますが、根の付きが甘いまだ成長中の芝が引っ掻くことで剥がれて浮いてしまいます。
浮いた芝は結局、水を吸えずにその場で立ち枯れてしまい、そこがまた刈れ芝として目立つという悪循環。
次週はちょっとやり方を変えてみることにします。

2005/09/04。
刈り高30mm。
前夜は庭にテントを張って、お庭キャンプをしました。
芝がクッションになって、マットなしでも快適に夜を過ごすことができました。
テントの下敷きになった芝にダメージはなく、日が昇ると元気に起ち上がってくれました。
さて今回は、サッチングをして、芝を半強制的に起たせてから刈ることにしました。
さらにマメに縦横斜め3方向で刈りました。
刈り上がりは気持ちのいいさっぱり感のあるものになりました。Good !! です。
<


2005/09/11。
2005/07/03の初刈り以来毎週続けていた芝刈りは、休みです。伸びが鈍ってきたためです。
もう秋の気配が感じられます。そろそろ冬の準備でしょうか。どうしたらいいのか勉強しておかないと。
液肥を撒きました。原液10ccを水8lで薄めてバケツ一杯、それを5杯です。

2005/09/17。
今週は40mmに刈り高を上げて芝刈り実施です。
庭の南側(正確には東南側)と、逆側での育ちの差が縮まりません。むしろ開いているか?
南側はもうもっさもさで最高の密度感!ですが、北側はいまいち。土が堅いのか?
水の溜まり易い位置でもあるので、土が固まっちゃったのかな?

2005/09/19。
そういえば、あまり雨がないよな、と思い、潅水実施。なんか久しぶり。

2005/09/20。
昨日の潅水は出かける前でちょっと慌ただしかったので、朝のうちにもう一回たっぷりと潅水実施。

2005/09/23。
秋分の日。液肥を撒きました。
これまでと同様、原液10ccを水8lで薄めてバケツ一杯、それを5杯。
<


2005/10/01。
芝刈り、高さ40mm。
成長がパタリと止まっています。燃えるゴミの袋に7割程度しか刈れませんでした。
人が踏まない周辺部ではまだまだ伸びているけど、手前(家側)の成長の悪さが、今後の課題。
立ち入り禁止は寂しいし、ねえ。

2005/10/19。
すっかり成長が止まり、冬に備えて芝刈りはお休みです。
全体に手前(家側)の成長がいまいちなのは変わりありませんが、そのあたりでもスポット的に「急成長」している場所があるのに気づきました。
同様の現象があることは、電柱の支線があるあたりでも、以前から気がついていました。
直径30cmほどのエリアが、妙に成長力があり、密度は高いわ、葉の色は濃いわで、もさっと盛り上がっているような状態なのです。
「そこだけ、種をドバッと撒いたっけ?とか、肥料をザバッとこぼしてしまったのか?」とか不思議に思っていました。
今回ふと思い当たったのが「七輪の燃えかす=灰を巻いたところか??」。
となれば、さっそく実験です。
手前(家側)の成長がいまいちなあたりの西半分にだけ、灰を撒いてみました。
さー、どうなるか??楽しみです。

2005/11/04。
冬に備えて芝刈りはお休みにしていましたが、何となくボサボサしてきたので、
今年最後!として刈ることにしました。
40mmで刈りました。南東側を中心に袋一杯刈れました。
元気でなにより。

例の、灰撒き実験は○でした。つまり、灰を撒いたところは芝が元気になるのです!
うわー、これって大発見。かも。

2005/11/23。
朝夕の冷え込みが厳しくなってきました。
ウチは標高150m、駅や学校がある市街地は標高60m。(国土地理院1/25000地形図より)
気象庁?発表の最低気温よりも3℃くらい低い感じだ。
例えば昨日の朝など、街では5℃となっていたが、ウチのガレージは1.5℃しかなかった・・・!。

芝生の方は、じわーっと枯れてきた。
今週末は沼津で高尾山のお祭り。いよいよ冬だなー。
初めて迎える新居での冬、いかほどの寒さが我々を待っているのであろうか??乞うご期待?
<


「庭:芝生化計画6」へ戻る

「庭:芝生化計画8」へ進む


芝生化計画のトップへ戻る
家の購入とリフォームのトップへ戻る
うちの歳事記に帰る
Topページに帰る

Copyright © 2005 Shuji ONO (POO), All Rights Reserved.
このページを作った人: shuono@pair.com / 小野 修司