家の購入とリフォーム

社宅に住める年齢制限が45歳の誕生日まで。
ついに観念して、家を手に入れることにしました。


バイクガレージ

20年前のバイクを復活させようとしているうちに、バイクいじりにはまってしまった。バイクを良い状態で維持するため、そして清々といじるためには、やっぱりバイク専用のガレージでしょう。
広くもなく雑誌に載ってるようなおしゃれなものでもないが、庭の隅のスペースにスチール物置を設置。
土台は土間コンにカラクリート塗装。色は暖色で淡いオレンジ。
物置設置屋さんが、てきぱきと組み立ててくれて、あっという間に建立。
こんな感じで、庭の北東の隅に建ちました。この位置が陽を遮ることもないベストポジションです。(東京電力の電柱が庭に立っていて、この電柱がなければもう少し幅広サイズが選べたのですが・・・。)
そして、ガレージの主であるバイク「YAMAHA SRX400 (1JL)」を格納すると、こういう感じ。
20年お待たせしました> SRX 。

まだ、ガレージ内に作業台や棚などが未整備です。おいおい充実させていきます。
将来のために、電源は100Vのほか200Vも引きました。ささやかなぜいたく設備として旧居から持ってきたエアコンを着けました。これで夏でも冬でもOK?。

2005/07/10
庭を耕すのに追われていましたが、それも一段落。ようやくバイクのほうに時間が割けるようになってきました。収納力重視で安価なスチール棚を導入。カラクリートの床が姿を見せ、整備ができるスペースができました。
梅雨後半で雨の日が多い今日この頃。雨中のガレージには「パン、タン、テンテン」とにぎやかな雨音が響きます。屋根はスチール天板一枚なので、エアコンがあるとはいえ真夏の暑さも思いやられます。
「かっこいいガレージ」の雑誌を見ると、内装はあらかたウッディで、音楽でもかけながらリラックスして過ごす男の空間、なーんて記事が多いですが、ウチのは実用重視で、あの世界にはほど遠いです(笑)。

2005/07/17
庭に蒔いた芝がだいぶん生えてきて、緑が目に優しいし、風が吹いても砂埃がたたないのでバイクにも優しい。Good です。

家の購入とリフォームのトップへ戻る
うちの歳事記に帰る
Topページに帰る

Copyright © 2005 Shuji ONO (POO), All Rights Reserved.
このページを作った人: shuono@pair.com / 小野 修司