家の購入とリフォーム

社宅に住める年齢制限が45歳の誕生日まで。
ついに観念して、家を手に入れることにしました。


風呂

元はタイルばりでステンレス浴槽でした。
これまで住んでいた社宅の風呂だと、浴槽に浸かった状態で足を少し曲げないと入れなかったので、「足を伸ばして浸かりたい!」が、風呂改修の目標です。
そこで、少しでも広めの浴槽を入れるため、壁を移動して1316ワイドにするというダイナミックな案をリフォーム屋さんと一緒に考えつきました。
で、実際にそのつもりで着工したのですが、バラし始めてみたら中から構造壁が出てきてしまいアウト。
元の構造図には記載されておらず、何かの事情で追加されたのではとのこと。
わずか2〜3cm足りなくて惜しくも13XXサイズが入らない。結局1217サイズに。
ところが、身長が低い私のこと、浸かってみたら足を伸ばして楽々でした。・・・なーんだ。
浴槽の形がずいぶん改良されているんですね。
子供たちが大きくなったら「狭い」と言うかな。それぐらい背が伸びてくれたらいいんですけど。

内装は、凝ると狭くなるのでシンプルなものに。
白基調でシンプルなテクスチャの壁で、照明を二灯にして明るく。シャワーの高さをかえられるようにというのは娘のリクエスト。

家の購入とリフォームのトップへ戻る
うちの歳事記に帰る
Topページに帰る

Copyright © 2005 Shuji ONO (POO), All Rights Reserved.
このページを作った人: shuono@pair.com / 小野 修司