糸 目 付 け

[ 目次 | 前ページ | 次ページ ]

95/4/16 糸目付け

[Photo Image]  大凧は四畳と六畳のサイズがあり、自由に選べます。揚げやすいのは四畳といわれますが、当家はばあばの希望で六畳にしました。
 「糸目付け」はその大凧に糸目を付ける儀式です。本当は、初子とその親がその場に立ち会うのですが、しかし、この年(95年)は毎週のように週末天気が悪く、航太郎のは町の役員の方にお願いすることにしました。地元に住んでいれば、天気のいい時を狙えたかもしれないのですが・・・。
 それでもこの日に凧揚げの代金を納める約束なので、雨の中私が会所まで納めに行きました。既に本物の六畳凧もちゃんと倉庫に格納されていて、糸目をつけられるのを待っていました。また、祭りの後、大凧は壊してしまうのですが、記念として半畳ほどのミニチュア(!)を作ってもらえます。そのミニチュア凧が既にできており(左の写真)、会所に並べられていました。天気は残念でしたが、いやがおうにも祭り気分が盛り上がってきます。

[ このページの頭 | 目次 | 前ページ | 次ページ ]
浜松まつり のページ・目次に戻る
Topページに帰る