浜松まつり 夜の部(初練り)

[ 目次 | 前ページ | 次ページ ]

95/5/3 浜松まつり 夜の部(初練り)

[Photo Image] 観光のお客さん向けガイドには「浜松まつり 」は「昼は大凧あげ合戦、夜は絢爛豪華な御殿屋台の引き回し」とあるだろう。しかし、これは外向けの浜松まつり である。
実際は、「凧」「屋台」に「錬り(ねり)」、この3つが浜松まつり だ。
「錬り」とは、祭り装束に身を固めた町の衆が「オイショ!オイショ!」の掛け声を発しながら、体を押し付け合う浜松まつり の必須アイテムである。体を押し付け合うといっても、押しくらまんじゅうとは全然違う。単純に中心に向かうのではなく、渦を巻く。あるときは強くある時は速く、高く手を揚げ、リズムを取りながら渦が巻かれていくのが特徴だ。

[ このページの頭 | 目次 | 前ページ | 次ページ ]
浜松まつり のページ・目次に戻る
Topページに帰る