体の記録

会社で受診している定期健康診断。
40歳を過ぎてから、じわじわと測定値が悪くなり、
今年(2004)はついに「D判定」の項目が出てしまいました。


それは「D判定」から始まった
「体の記録:第1四半期(2004/07-2004/09)」
「体の記録:第2四半期(2004/10-2004/12)」
「体の記録:第3四半期(2005/01-2005/03)」
「体の記録:第4四半期(2005/04-2005/06)」
「体の記録:そして一年が過ぎました」(2005)
「体の記録:そして二年が過ぎました」(2006)
「体の記録:そして三年が過ぎました」(2007)

体の記録特別編「富士チャレンジ参戦」

そして三年が過ぎました

「体の記録:そして二年が過ぎました」に戻る

「D判定(要精密検査)」から三年、またまた定期健康診断の季節がやってきました。
さあ!今回の結果はどうだったでしょうか?

 判定   大項目   項目  値(2004/5) 値(2005/5) 値(2006/6) 値(2007/7) 参考基準値
B 脂質(コレステロール)
総コレステロール
中性脂肪
HDLコレステロール
LDLコレステロール
  260  
  195  
   55  
166(計算値)
  226  
   78  
   70  
140(計算値)
  220  
   74  
   78  
127(計算値)
  209  
   50  
   96  
103(計算値)
130-199
30-149
40-99
50-119
C 血圧
   最 高   
   最 低   
  140  
   88  
  136  
   82  
  136  
   82  
  130  
   80  
90-129
50-84
C 肝機能
AST(GOT)
ALT(GPT)
   γ - GTP  
  27  
  34  
   66  
  21  
  19  
   38  
  27  
  26  
   52  
  24  
  27  
   65  
0-40
0-40
0-50
A 肥満
   体脂肪率  
    BMI   
   肥満度   
22.5
  24.9  
  13.3  
 15.5 
  22.3  
  1.4  
 15.0 
  21.8  
  -0.8  
 14.1 
  21.3  
  -3.4  
14-23
20-24
-10〜+10

やった!コレステロールの判定値が「C」から「B」に改善されました。
肝機能は「C」のまま。飲みすぎか〜。週末だけとはいえ、一回の量が多いのかも(赤ワイン一本)。

コレステロールですが「悪玉LDLコレステロールが140以上、総コレステロールが220以上で要注意。」に対し、LDLは103ですからまずまずの余裕でクリア。各種HPで指摘されているLDL/HDL比率が重要!との視点で見ると、LDL/HDL比率は昨年の1.6からさらに下がり1.1になりました。(LDL/HDL比率が3以上であるときには要注意)

気になる血圧は若干下がりましたが、判定は昨年の「C」から変わらず。
寝る前と起き抜けの血圧計測も続けていますが、相変らず、朝に高血圧になる傾向があります。

「肝機能」はγ - GTPが基準を大きく超えてしまい「C」判定継続。今年は検診日の前の晩は飲んでないのですが。肝臓さんが疲れているんだな。ごめんね。

「中性脂肪」はさらに減少!
「肥満」もクリア。体脂肪率が今年の夏前から、もう一段下がり始めました。自転車の練習強度を上げている効果でしょうか。そうでないとすると、どこか体が悪いのか???逆にちょっと心配になる・・・。

そして、実は今年は上記とは別に「便潜血」で陽性が出てしまいました。がーん、大腸カメラです。検査は来週です。もちろん初体験です。・・・ううう、怖いよ〜。(いくじなしなんです)。

・・と言うわけで、今年はこんな感じでした。ではまた来年!

「体の記録:そして一年が過ぎました」に戻る
「体の記録:それは「D判定」から始まった」へ戻る


「体の記録」のTopページに帰る
Topページに帰る


Copyright © 2007 Shuji ONO (POO), All Rights Reserved.
このページを作った人: shuono@pair.com / 小野 修司