体の記録

会社で受診している定期健康診断。
40歳を過ぎてから、じわじわと測定値が悪くなり、
今年(2004)はついに「D判定」の項目が出てしまいました。


それは「D判定」から始まった
「体の記録:第1四半期(2004/07-2004/09)」
「体の記録:第2四半期(2004/10-2004/12)」
「体の記録:第3四半期(2005/01-2005/03)」
「体の記録:第4四半期(2005/04-2005/06)」
「体の記録:そして二年が過ぎました」(2006)
「体の記録:そして三年が過ぎました」(2007)

体の記録特別編「富士チャレンジ参戦」

そして一年が過ぎました

「体の記録:第4四半期」に戻る

「D判定(要精密検査)」から一年、また定期健康診断の季節がやってきました。
さあ!結果はどうだったでしょうか?

 判定   大項目   項目  値(2004/5) 値(2005/5) 参考基準値
C 脂質(コレステロール)
総コレステロール
中性脂肪
HDLコレステロール
LDLコレステロール
  260  
  195  
   55  
166(計算値)
  226  
   78  
   70  
140(計算値)
130-199
30-149
40-99
50-119
B 血圧
   最 高   
   最 低   
  140  
   88  
  136  
   82  
90-130
50-85
A 肝機能
AST(GOT)
ALT(GPT)
   γ - GTP  
  27  
  34  
   66  
  21  
  19  
   38  
0-40
0-40
0-50
A 肥満
   体脂肪率  
    BMI   
   肥満度   
22.5
  24.9  
  13.3  
 15.5 
  22.3  
  1.4  
14-23
20-24
-10〜+10

うーん、残念!!総コレステロールの値が期待していたほどは下がっていません。トホホ。
でも善玉と呼ばれるHDLの値が上がり、重要と言われるLDL/HDL比率は2.0に下がっています。全く効果がなかったわけではなさそうです。
コレステロールに関しては、メカニズムが解明途上らしく、ネットにもさまざまな情報が溢れています。それらを眺めていても、いったい何をどうすれば良いのか?がよくわかりませんが、基本は「高コレステロール食品を避ける」ことのようです。
「旨いものはほぼ高コレステロール食品である」との栄養士さんの言葉が頭をよぎります。ひゅーるる、フ・・・哀しいぜ。でもしゃーない、食事の面で、もうひとがんばりすることにしましょう。
血圧ももう一息です。

良いところにも注目しましょう。
まず「中性脂肪」これは激減!です。やったね、一気に正常値です。
「肝機能」と「肥満」、この2つもほぼ完璧!じゃあないでしょうか。
飲酒習慣の改善と、週3日以上の運動、この2つを一年間続けてきた成果が数値に見事に表れています。嬉しーなっ!!
定期検診のあった5月末よりも、6月末の今では、さらにもう少し体重や体脂肪率は減っています。数値上のほぼ理想値に近いです。一年前のひどさを思い返せば、一年でここまで持ってこれたことは、「生活習慣を改善」し、「まともな状態に戻す」取り組みとしては大成功だったといえるでしょう。

今回の値に油断することなく、まさに習慣として「あしたのために その1と2」を継続し、適正体重を維持して「ブレスロー(Dr. L. Breslow)の7つの生活習慣」を続けていこう!と思う中年オヤジでした。(なんか、優等生の作文みたいだな)

「体の記録:第4四半期」に戻る
「体の記録:それは「D判定」から始まった」へ戻る


「体の記録」のTopページに帰る
Topページに帰る


Copyright © 2005 Shuji ONO (POO), All Rights Reserved.
このページを作った人: shuono@pair.com / 小野 修司