体の記録

会社で受診している定期健康診断。
40歳を過ぎてから、じわじわと測定値が悪くなり、
今年(2004)はついに「D判定」の項目が出てしまいました。


それは「D判定」から始まった
「体の記録:第1四半期(2004/07-2004/09)」
「体の記録:第2四半期(2004/10-2004/12)」
「体の記録:第3四半期(2005/01-2005/03)」
「体の記録:第4四半期(2005/04-2005/06)」
「体の記録:そして一年が過ぎました」(2005)
「体の記録:そして二年が過ぎました」(2006)
「体の記録:そして三年が過ぎました」(2007)

体の記録特別編「富士チャレンジ参戦」

実践の記録

第2四半期(2004/10-2004/12)

きたきたーっ、どんなもんです。体重がぐんぐん減り始めました。
周囲の観察力の鋭い人からは「あれ?ヤセました?」と言われることも。



11月から会社の厚生部門のメニュー「生活習慣改善セミナー」というのを勧められて、受講しています。半年のメニューで経過観察しながら、食事や運動の指導をしてくれるというもの。(このメニューの一環で高機能万歩計の貸し出しがあり、歩数と自転車運動の両方を計測できるようになったため、11月後半から一日の総運動量をプロットしています(11月以前は自転車運動分のみ)。一番下のグラフです。)

2005/11/23 6:50 AM
朝日を背に、酒匂川コースにて
運動に関しては、「朝の自転車ロードワーク」にも体が慣れてきて、時間にして50分程度の軽快走をこなせるようになりました。運動指導員からは「強度・量とも理想的」との太鼓判をもらいました。

11月後半になると朝の冷え込みがぐっときつくなりました。冬用のタイツや手袋を新調しました。走り出し時刻(朝6時15分頃)では辺りがまだ暗く、ライトを点灯しての走行です。このような早朝でも新聞屋さんや学生さん、遠距離通勤の会社員の方などはすでに活動しているんですね。人間って元気です。
薄暗くても安全な道ということで、ロードワークコースは主に川沿いのサイクリングコースに落ち着いてきました。定常的に走っていると、毎度すれ違う朝トレの常連さんたちがわかるようになってきて、それも面白い。

食事については、高コレステロール食品が多いこと、週末に栄養バランスが崩れていることを栄養士さんから指摘されました。タンパク質でも摂りすぎると、結局は脂肪に変わって蓄積されるということを聞かされ、ショックでした。タンパク質なら脂肪にならないと思い込んでいたので。

「体の記録:第1四半期」へ戻る
「体の記録:第3四半期」に続く


「体の記録」のTopページに帰る
Topページに帰る


Copyright © 2005 Shuji ONO (POO), All Rights Reserved.
このページを作った人: shuono@pair.com / 小野 修司